スキンケアにゆったり時間

顔を洗うことからのスキンケア、朝でもお風呂上りの夜の時間もできるだけゆったりした時間でいたいと思う。
ほんの数分きざみのことですが肌の心地よさを望むなら毎日の丁寧さは欠かせないもの。

洗顔にはキメの細かい泡がベスト、この泡には石けん成分とお水やお湯、空気が適量まじり合って肌に好ましいものが出来るんですね。
この適量というもの、混ぜあわせる水分量が多いとキメの荒い泡に、利き手が右ならそちらを茶筅に見立て、左手の平は茶道でのお茶碗と思って泡立てます。キメの細かい泡が何故いいのかというとあのクリーミーで繊細な泡だからこそお化粧の油分や一緒になってる皮脂もクリアになるようです。

こうして出来たクリーミーな泡で肌表面を温めるようにして、心地よさを感じるくらいの感触で額から鼻、アゴ、頬へと載せていきます。
ここまでできたら次のすすぎも大切なところ、すすぎは20回くらいで念入りと言われることがありますから。

化粧水しっかり馴染ませて、乳液などで保湿効果アップすれば健やかな肌でいられるかなと思ってます。

酵素vs水素水、どちらが痩せる?

酵素ドリンクダイエットが人気です。
某オンラインショッピングモールのランキングは殆どが酵素飲料。
夏前は来るべき海の季節に備えてダイエット食品も急に売れ出します。

酵素ドリンクというと、なんとなく飲みにくそうなイメージがありますが、実のところメーカーも売れなくては意味がないので、味には相当こだわっています。
飲みやすい酵素ドリンクはいまや当たり前になりました。

もう1つ、地味に人気なのが水素水。
一番小さい元素である水素を含んだ水を飲むだけ。

酵素ドリンクがプチ断食と併用で人気なのに対し、水素水では朝イチで水素水を飲むだけ。
食事を我慢できない人にはもってこいのダイエットなのです。

水素は分子が小さいので、体内すみずみまでいきわたり、脂肪を燃やしてくれるのです。
ただし、スーパーなどでペットボトルで売られている『水素を含んだ水』には効果はありません。
水素は元々気体。
ペットボトルでは保管している間に透過していまいます。

ダイエットが続かない、という人は一度、水素水をお勧めします。


エピレの背中脱毛

美顔体操で顔がすっきりして痩せたと思わせる事ができます。

高校の時、たまたま見た雑誌に載っていた美顔体操を1ヶ月行った時の話です。
ゆっくり5秒かけて顔を動かしていくんですけど、これがなかなか最初は5秒で動かせないのです。
早くならできるのに、ゆっくりだとぎこちなくて、鏡を見ながら大笑いしてしまって
続かなかったりしました。
でも、ある日、2歳になる姪っこが家に遊びに来たので、この体操を見せるとキャッキャと笑っています。
実際、私も体操しながら笑っちゃうんで、小さい子にも面白かったんでしょうね。
夏休みの間中、たまに遊びに来る姪にこの体操を見せながら遊んでいて、久しぶりに学校で数学の先生に会いました。

そしたら、「痩せたな〜」と言われました。
体重は全然減っていなかったので、この美顔体操で頬と顎がスッキリしていたんでしょうね。
これはすごい!と効果を実感してそれからしばらくは続けました。
でも、受験勉強やら当時の彼氏と別れる時に大揉めした事やらで自分を磨く事を忘れてしまっていました。

今、またちょっと時間ができたので、美顔体操を始めてみようかなと思っています。

お風呂に日本酒を入れてみました

お風呂に日本酒を入れるのは、もったいなくて、入れたことはありませんでした。しかし、先日全く口に合わない、おいしくない日本酒を購入してしまったので、思いきってお風呂に入れてみました。

量はかなりあったと思います。 一升瓶の半分くらい。バスルームは日本酒の香りが充満し、あたたかさも相まって酔ってしまうほど。いざ入浴。

鼻からも口からも日本酒の香りを感じながら、ぬるめのお湯にゆっくりつかりました。

5分ほど過ぎたころからか、身体がぽかぽかとあたたまって来るのを感じました。

私は冷え性なので、普段はあたたまるのに時間がかかるのですが、いつもよりも早く身体があたたまってきました。自然に汗が出て、血行が良くなるのを感じました。

入浴後もそのままあたたかさが続き、なかなか冷めませんでした。
また、肌がすべすべとするのを感じました。日本酒入浴は母の世代からあると聞きますが、やはり効果があるから今でも行われているのだと実感しました。